第3工区で柴揚げ漁を開催しました

平成27年1月18日(日)に、麻機遊水地第3工区で柴揚げ漁を開催しました。これまで「柴揚げ漁保存会」のメンバーが中心となりこの漁法を継承してきましたが、メンバーの高齢化等の理由により継続が困難という事もあり、協議会に所属する「バランス」がこの漁法を継承することとなりました。

当日は、柴揚げ漁保存会のメンバーとバランスのメンバーが一緒に舟に乗り、保存会のメンバーの指導を受けながら沈めた枝の周りの囲いの設置や枝の除去、魚の捕獲を行いました。例年のように一般市民への呼びかけやおでん等の振る舞いは行いませんでしたが、柴揚げ漁には約70名の参加者が集まり柴揚げ漁の様子や捕まえた魚類を見て楽しんでいました。

昨年はあまり鮒を捕獲することができませんでしたが、今回は池を掘削し深みを設置したりヨシで分断されていた池の連続性を確保したこともあり、約80匹の鮒を捕獲することができました。

しかし、今回は鮒の他にも特定外来種に指定されているブルーギルも捕獲され、今後この伝統漁法を継続していくためには外来種対策も大きな課題となっています。

 

DSCN2757

舟を出す様子

 

DSCN2768

すだれの設置

 

DSCN2774

すだれの設置

 

DSCN2797

9月に沈めた枝の取り出し

 

DSCN2805

魚の捕獲作業

 

DSCN2808

柴揚げ漁を楽しむ参加者

 

DSCN2814

パネル展示

 

DSCN2826

捕まえた魚を水槽に入れる子供たち

 

DSCN2856

捕獲したフナ

 

DSCN2892

捕獲したブルーギル

 

麻機遊水地の営み from youtube
麻機遊水地の営み from youtube

ベーテル麻機部会
ベーテル麻機部会