第3工区で柴揚げ漁を開催しました。

平成28年1月17日に第3工区で柴揚げ漁が行われました。以前は「南沼上柴揚げ漁保存会」が漁を行っていましたが、今回か

ら、「麻機遊水地柴揚げ漁保存会」が中心となって漁を行うことになりました。

当日は、保存会のメンバーが9月に設置した粗朶を取り出しタモですくい上げる作業を行い、ギンブナ、ゲンゴロウブナ、モツゴ

など617匹の魚を捕獲しました。種類の判別は、東海大学の学生さんにしていただきました。

捕獲した魚の中には、特定外来種に指定されているブルーギルも多く対策が今後の課題となっています。

集まった約300人の参加者は、漁の様子や捕獲した魚を見たり、無料配布の豚汁やおでんを味わったりして楽しんでいました。

また、モリスによるガイドシステムを使った柴揚げ漁の説明も行われ、説明を聞きながら漁を見学する参加者も見られました。

DSCN0747

すだれの設置

DSCN0783

粗朶の取り出し

DSCN0811

魚の捕獲

DSCN0851

豚汁とおでんの振る舞い

DSCN0861

捕獲した魚

DSCN0855

ガイドシステムによる案内

DSCN0845

捕まえた魚を見る子どもたち

DSCN0896

魚を同定する東海大学生

 

麻機遊水地の営み from youtube
麻機遊水地の営み from youtube

ベーテル麻機部会
ベーテル麻機部会